SNSやAIの力と世界の民主主義の危機

https://news.berkeley.edu/2023/11/21/hany-farid-to-limit-disinformation-we-must-regulate-internet-platforms

情報の正しさが不明なまま 広がってしまうタイプの 偽情報と、悪意を持って誰かが広めようとする偽情報…。大きく 2種類がありますが、そのどちらもが、ソーシャルメディアとそこに AI の凄まじい パワーを加えて、どんどん 世界中を走り回っています。そしてそれらは急速に民主主義の危機を招く、アメリカだけではなくて世界中の。解決策はあるのか?専門家が語ります。CALのEECS(Electric Engineering & Computer Science)学部のHany Farid教授です。

考えられる最も大きなダメージの1つが、民主主義の崩落です。情報の透明性を高めて、国民の代表としての議員を選ぶ国民の側にしっかりとした リテラシーを求めるのが議会政治の骨なんですけど、そのリテラシーが怪しいところに 偽情報を放り込むと、どえらいことになります。どういう感じでどえらいのかについて、世界トップの研究者が、技術的側面を抑えつつ語っています。Q&Aも非常に的を得ていて参考になる。

結論は、And policymakers must act swiftly, he warned, because new artificial intelligence tools are already making disinformation more powerful than ever.ですが、民主主義の番人たちがモタモタしていては後手に回ってしまい、手遅れになります。

民主主義を維持したいのであれば、政治家は本気で動かないといけませんね。

しかも 素早く。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

17 − three =

Scroll to Top